会津大学の齋藤寛上級准教授の「野生動物検出システム」の効果を実証

  株式会社FaBo(会津若松市、代表取締役佐々木陽、以下FaBo)では、 公立大学法人 会津大学(会津若松市) コンピュータ構築学講座の齋藤寛上級准教授が研究を進めている「野生動物検出システム」に関して、機器装置の製作とその運用をおこなってきました。そのテスト運用中に、ツキノワグマを自動で検出し追い払う様子を動画で撮影することに成功しました。

FaBoでは、基板の設計・試作・モジュール化やシステムの消費電力の削減などの効率化作業や、試験運用等を担当しています。齋藤上級准教授の作成した熊検出・撃退のAI学習モデルとシステムをその機器に搭載し、今回の撮影に成功したものです。

詳細については下記のとおりです。

1 検出日   2020年11月24日(火)午前0時31分頃
2 検出場所   福島県河沼郡会津坂下町長井地内
3 野生動物検出システムの概要   
ツキノワグマが出没しそうなフィールドに設置した機器が、自動で動く物 体をカメラで撮影し、AIがツキノワグマかどうかを認識、ツキノワグマと判 断した場合、強い光とサイレン音で追い払い、サーバー経由で登録されたユ ーザーにメールで出没情報を配信する。

【熊の検出撃退用のハードウェア(電源はソーラーパネルベース)】


【トレイルスカメラが撮影した動画の一部】

柿を食べるツキノワグマが「野生動物検出システム」が発する光と音で逃 げていく様子が映し出されている。